マイナーにこそ新たな楽しみあり

今日は、上野の東京音楽奏楽堂へ行ってきました(*´▽`*)ゞ



今日聴いた演奏は、サックスフォン!
今日のサックス奏者、住谷美帆さんは東京芸術大学の首席卒業生で一流の技術を持った期待の若手サックス奏者!(なんと、ボクと同じ茨城県出身!)


伴奏、Akiまつもと さんと二人で約2時間のリサイタルでした。


いやーサックスのリサイタルは初めてでしたが、イメージと違ったとても多彩な音色に魅了されました('ー')/


サックスってあまり奏者がいない、というより、

有名サックス奏者は少数なんですよ。



というのも、サックス自体がマイナーな楽器なのであまり需要がない。


ピアノのリサイタル、ヴァイオリンのリサイタルとかは聞くけど

サックスのリサイタルってあまり聞かないでしょ?


ただ、実際に聴いてみると本当に奥が深い。

こんな音色が出るんだ!
こんな連続で音って出せるんだ!
抑揚が上手くつくとこんなにも聴いていて気持ちがいいのか!

などたくさんの発見がありました。



バドミントンや卓球がマイナー競技からメジャー競技になっていくように、サックスもメジャーな楽器になっていく。


いや、なってほしいな。


音楽で食べていけない人が多いのは、供給過多で需要が少ないことが大きな原因。


知らない楽器でもすばらしい音色を持っていることに気がつけば、新たな楽しみも増えるし、そういう音楽や楽器を聴く人が増えれば自然と食べていける人も増えてくると思う。


もちろん、そんな簡単ではないけれど希望を持つことはできる。


新年早々にこの発見をできたことは自分にとっても大切な思い出となりました。


そんな思い出の余韻に浸りながら今日は帰路について、このブログを書きました(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪


みなさんは、お正月はどこかへ行かれましたか??

新しい発見はありましたか??

ぜひ教えてくださいね(*´▽`*)ゞ

出張ホストクラブ「ホストロイド」鹿島吉平の自由自在な生活録

ホストロイド鹿島吉平の自由自在な生活を投稿して参ります!

0コメント

  • 1000 / 1000