歌舞伎座にて

舞台芸術はお好きですか?


今日は有楽町、歌舞伎座に「新春歌舞伎」を観に行きました!(´∀`*)



やっぱり市川猿之介の演技は素晴らしい!
今回はしゃべりがあまりなかったのですが、迫力ある演舞で観客を魅了していました。



他の役者さんも素晴らしいのですが、彼はやはり特別なのでしょうね、オーラが違う(-д- 三 -д-)



市川猿之介の出る舞台は喜劇が多いので、観ていて笑顔になれるんです。



今回のお話は、「酔っぱらいの話」「獅子の親子のお話」「大名に化けたイワシ売り」の3本立て。



お休みをいただいて両親と観に行きました。


そのなかで、別のお話。



「やっぱりお前は普通の人とは違うから(変わってるから)芸術系の仕事をしてみたらどうだ?」

なんていうお話をされました。



確かに自分は昔からよく

「別の次元で話をしている」

「よくわからない発想が出てくるな」

「なんでそう考えるん?」


なんて人から言われてました。



人が考えている以上にひとつのことから考えを張り巡らせて、突飛な話をしたりするのでそう言われるのかな?


昔はそれが嫌だったけど、今は「自分のそのままを出していこう」という信念のもと生きているので、平気になりました。


「ボクはボクとして生きていく」だから生き方も自分で決める。


ただ、昔否定されていた「芸術系の仕事をやること」が両親から勧められたのは、正直嬉しかった。


だからぼくは、好きなように生きるけど、やることは絶対に手を抜かずにやろうと決めました。


家で絵を描くときも、歌を歌うときも、こだわる。


なんだか、生きていて良かったなと思った1日でした。


まとまりがなくてごめんなさい、散り散りになってしまっている僕が、今の僕なのかもしれません。


ただ、そんな僕でも記録として残して、後で見た時にこんな時もあったんだなと思えるように、生きていこう。


「明日以外、全部燃やせ」東京スカパラダイスオーケストラfeat.宮本浩次

出張ホストクラブ「ホストロイド」鹿島吉平の自由自在な生活録

ホストロイド鹿島吉平の自由自在な生活を投稿して参ります!

0コメント

  • 1000 / 1000